セキュリティに配慮してグループウェアを活用しよう

情報セキュリティも守られたグループウェアには、送信データのSSL化や、認証システムの追加などがあります。

PAGE

情報セキュリティ性も高いグループウェア

情報セキュリティと効率、これらは企業が同時に実現させたい課題であると思います。いくら業務が効率化されても、安全性が低いのでは安心して業務を行えているとは言えません。逆にいくら情報セキュリティが堅牢に守られていると言っても、使いづらくて業務の効率が下がってしまうのでは新システムの導入の意味がありません。これらの課題をクリアした上で、企業でよく使われているシステムの一つにグループウェアがあります。グループウェアは近年、業務の効率化に大変役立っていると言われているシステムです。集団のなかで使うように、社内でのToDoリストやカレンダー、メールリストなど頻繁に集団で使うツールを内蔵しているのが特徴です。では、グループウェアはどのような仕組みで情報セキュリティを守っているのでしょうか。

まず、グループウェアにはデータを守る仕組みの一つにSSLを使っています。これはデータに鍵をかけることで、情報を送信した途中で第三者に盗み見られることを防いでいます。このSSLによるセキュリティ効果はかなりの企業が使っているようです。また、認証システムを二重にする仕組みもあります。パスワードによる認証だけではなくて、公開鍵と言われる鍵を知っているという人だけが情報を見られるように設定されている仕組みです。つまり、二重に鍵をかけることで情報を盗み見られるのを防いでいるのです。グループウェアは集団での業務の効率化とセキュリティを兼ね備えた優れたシステムと言えるようです。

新着おすすめ

Copyright (C)2017セキュリティに配慮してグループウェアを活用しよう.All rights reserved.