セキュリティに配慮してグループウェアを活用しよう

グループウェアは意外と個人情報や会社の情報がやりとりされるので情報セキュリティに気をつけたい

PAGE

グループウェアの利用には情報セキュリティに気をつける

会社の中で使うソフトウェアの利用には気をつけなければなりません。ソフトウェアを利用して書かれる情報が外部に漏れると大変な事になります。ソフトウェアの中にコンピュータを介したコミュニケーション機能があるものは、情報漏洩の元になる可能性があるので情報セキュリティにも気をつけて、そういうことのない体制をとっておく必要があります。特にグループウェアは社員の個人情報を含めたいろいろな情報が行き交う場になります。グループウェアで一番使われるのがメール機能でしょう。これは社員間でのコミュニケーションツールとなっているはずです。もちろん主体は会社の連絡事項でしょうが、その文面の中にもチラチラと個人情報も含まれることでしょう。もちろん個人の事が外部に漏れるのはよくありませんので、こういうメール内容が漏れない体制が必要です。技術的な事とか経営的な事など社外に知られてはまずいことも社内では情報として飛び交っていることでしょう、特にグループウェアの電子会議機能では重要な案件が話し合われるはずなので、その傾向が強いでしょう。こういう会社の情報も守らなければなりません。

まず余程のセキュリティホールがなければシステム内部に侵入してくることは難しいので、システム側はちゃんとファイヤーウォールやマルウェア対策ソフトウェアなどが導入されていると大丈夫でしょう。インターネットを通じた通信をガードすることも検討してみましょう。

新着おすすめ

Copyright (C)2017セキュリティに配慮してグループウェアを活用しよう.All rights reserved.