セキュリティに配慮してグループウェアを活用しよう

情報セキュリティとグループウェアの関連性について。また、企業でのグループウェアの必要性。勉強をして思ったこと。

PAGE

情報セキュリティとグループウェアについて。

情報セキュリティとグループウェアについて思うことを書きたいと思います。情報セキュリティといえば、やっぱりすぐに頭に浮かぶのはファイアウォールや、セキュリティソフトではないでしょうか。しかし、現在の情報化がどんどん進んでいる社会、ビジネスではセキュリティといえばパソコンの内部だけではなく、たとえばパソコンを盗んだり、パスワードを盗み見たりいろいろな物的手段で情報を盗まれることがあります。またグループウェアの定義は企業内LANを活用して情報共有やコミュニケーションの効率化をはかり、グループによる協調作業を支援するソフトウェアとあります。しかし、たとえ”企業内”のLANといっても、セキュリティ強化を怠れば外部に情報が漏れてしまうこともあるかもしれません。

僕は学校で、基本情報技術者試験という国家資格の勉強をしているのですが、その中でグループウェアが出てきたことがありした。最近になってグループウェアについて調べてみると、その重要性がよく分かりました。企業内部で連絡を取り合う時の情報セキュリティをきちんと守ることは大切なことです。連絡にメールなどを使うと盗み見られてしまう危険性もあります。その点グループウェアは企業内で連絡を取ることに特化しているので、安心です。昨今の情報漏えいに関しては感度を高く持つべきと思います。どの企業でも前向きに導入を進めていくべきです。導入することで、それ以上の価値があるのです。有効な事です。

Copyright (C)2017セキュリティに配慮してグループウェアを活用しよう.All rights reserved.